テーマ:社会主義

渓内謙 『現代社会主義を考える』

★おススメのネット本スーパー 『honto』です! 書籍や電子書籍を買うごとに、100円につき1ポイントが貯まります! そのポイントは、また書籍や電子書籍を買うときに使えます。 更に会員になると、毎月10%あるいは20%の割引きのクーポンが送られます。 電子書籍なら30%offの場合も! こんなサー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何頻、王兆軍 『黒社会-中国を揺るがす犯罪組織』

★おススメのネット本スーパー 『honto』です! 書籍や電子書籍を買うごとに、100円につき1ポイントが貯まります! そのポイントは、また書籍や電子書籍を買うときに使えます。 更に会員になると、毎月10%あるいは20%の割引きのクーポンが送られます。 電子書籍なら30%offの場合も! こんなサー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

M.マルコヴィチ 『実践の弁証法』

★おススメのネット本スーパー 『honto』です! 書籍や電子書籍を買うごとに、100円につき1ポイントが貯まります! そのポイントは、また書籍や電子書籍を買うときに使えます。 更に会員になると、毎月10%あるいは20%の割引きのクーポンが送られます。 こんなサービスのいい本屋さんのサイトは知りません!   ↓…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

碧海純一 『ラッセル』

ラッセルという学者は、1つの領域に拘泥することなくいろんな領域に学業を遺した人です。 政治、経済、宗教、倫理など社会の諸問題に関し、おびただしい量の著作を出したのです。 知識人としてのあるべき姿を体現していた人だなあということを、この本を読んで実感しました。 1872年、イギリス生まれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

氣賀健三 『歴史に漂うロシア』

国家が社会主義を採用し国家を運営すれば、その国家には、働けば必ず賃金がもらえて、皆が平等で搾取のない楽園が形成されるという夢を信じて、第二次世界大戦後いくつかの国でその壮大な試みがなされました。 その急先鋒の国の1つがロシアであったことは間違いありません。 戦後、スターリンは集団農場制度に国を移行させました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルディカウスブルック 『西欧の植民地喪失と日本』

日本兵が第二次大戦中にオランダやその植民地である東インドにおいておこなった植民や戦争をしかけ、その途上でその地に人民に対しておこなった殴打、移送、家宅捜査といったことについての当時のオランダのジャーナリズムやジャーナリストの言についての反論である。 その内容については、私たち日本人がきちんと認識してこれからの国際社会の舞台…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノーマン.M.ネイマーク 『スターリンのジェノサイド』

第二次世界大戦時の独裁者としてヒットラーの罪については言及されることが多いです。 しかし、こと社会主義の国にいた独裁者については言及されることが少ないです。 それどころか、1945年の終戦以降においては、ここ日本においては社会主義を信奉してやまない学者も多くいたことも間違いない事実であり、国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more