川端基夫 『日本の法人フランチャイジー』

この本を読むと今はまさにフランチャイズの時代であるなと思いました。 日本のような先進国の国民は、周りがいろんな物に溢れて生活していて、ちょっとのレベルのものでは満足できませんから、ある程度のレベルのものを提供しなくては満足できないでしょうし、CDや本などの日々生産し続けられているものに関しても小さなスペースではすぐに店舗内がいっぱ…
コメント:0

続きを読むread more