クリストファー.ヒル 『レーニンとロシア革命』

1917年のロシア革命は、ほとんど無血で成し遂げた革命として称賛に値する出来事でした。 これはかの有名なレーニンが主導のもとにできたことであるようですね。 そのレーニンは、やはり「資本主義から社会主義への移行には革命が必要」というマルクスの思想からヒントを得た、というか感化されてそれが実現できたということでした。 マル…
コメント:0

続きを読むread more

加藤秀俊の『暮らしの思想』を読んでサンドイッチマンの特徴との共通点を見出しました!

普段、何気なく接していることについて疑問を持ち、それをどんな起源があって、どのような使われ方をしていたのかを研究して、それは現在どのような状態になっているかを比較していくすえを論じるのが非常に上手く、そして興味をそそられざるを得ないのが、加藤秀俊氏の本です。 この人の本を大学時代に読み、その虜になり今もそうです。 これまで氏…
コメント:0

続きを読むread more

アマルティア.セン 『合理的な愚か者』

この本は、経済学のカテゴリーに入るようですが、政治学でも、また人間行動に関する学問の理論として誰にでも読めるものでしょう。 選択をしていくのは日常茶飯のことですが、それを如何に合理的にさせ、一番良き選択をさせる事が重要かということを考えている人、こういう人はやはり社長や経営者といった人たちが当てはまるでしょうが、そういう部門の学者…
コメント:0

続きを読むread more

野村平爾ほか 『現代法の学び方』

そもそも大学で学ぶ学問はなんのために学ぶかということを考えていた当時の学生時代を、この本を読んで思い出しました。 進学率の高い高校に行った人は、周りの人間がいくからと必死になって勉強する。 そして大学に入学するも、次に目指す勉強の目標がないからつい大学に行かずじまいになってしまう。 そういう人は多いでしょう。 し…
コメント:0

続きを読むread more

櫻井進 『〈半島〉の精神誌』

この著作は社会学というカテゴリーに入っているようですが、純然たる社会学というものではないでしょう。 この著者が学んだことは社会学だけではないゆえに必然的にその他の要素も入ってしまうのは自然な成り行きでしょうし、社会学以外の要素も色々入っているようです。 しかし、社会学が骨子であることは間違いないようですね。 その社会学…
コメント:0

続きを読むread more

佐伯啓思編著『高校生のための人物に学ぶ日本の思想史』

高校生は大学受験のために勉強するのがほとんどでしょう。 しかし、大学に入学した後は、それに代わる目的がないがために右往左往してしまうのでしょう。 しかし、それから社会で生活していく上で大事な考えを学ぶということであれば、モチベーションが上がるのは必然でしょう。 そもそも大学で学ぶ学問は、そういう性質を持っているわけです…
コメント:0

続きを読むread more