高橋がなりの『がなり説法』で経営者の資質とは何かを考える。

まずは以下の動画をご覧くださいませ。



この動画を見たら、このラーメン屋の店主の行いが悪いからこうなった、というような思いで終わる人が多いでしょうが、違う視点で論じたいと思います。

この店主は10000円1年間食べ放題のラーメン券を発券して売ってたようですが、それまでこういうことをしてたらこうなるというような経験理論がなかったのでしょうね。

ゆえに、その券を使ってラーメンだけ食べに来る人をみたら苛立つようになってしまったのでしょう。

それで提供時間も遅くなってしまった。


しかし、消費者からすれば単に権利を行使しているだけのことで、何ら咎められる筋合いはないのです。

「ラーメンだけでなくて、サイドメニューも頼んでくれ」などと言っていましたが、そんな義務も当然ないのです。

店主の方も、1年間食べ放題といったのですから、その責任を負わなくてはならないのです。

そうなれば、年間に100回来る人もいれば、200回来る人も出てくるのは当然です。

サービスがいいからと言って、その恩恵にばかり預かりに来るお客さんがきて苛つくのはわかります。

わたしも、コンビニでバイトしていた時に、1パック78円のセールを行った時に、何度もそれだけを買いに来る図々しいおばさんが来たときには苛つきましたもの(笑) 。

keira.jpg


しかしそういう人が来ることも想定して進めていくのが経営です。

そういう人がきても利益をあげれるように工夫するのが経営には大事なことなのです。

それでも、普通に接して普通に提供するのが経営というものなのです。

店主からすれば、こんなにラーメンだけ食べに来る人が多く出るとは思わなかった、想定外だったようですが、それも言い訳にはならないのです。

ならば店主はどうすればよかったか?

色々考えれますが、私なら16枚綴りの券を10000円で売りますね。

それでもラーメンの原価を考えればもとは取れるのですし、お客さんも得をします。

1杯700円なら普通に払うよりは断然とくなのです。

やはり今はいろんな店が林立していますから、ただ店を構えて待っているだけではお客さんは来てくれません。

そこで店主があのサービス券を考案したのはいいでしょう。

しかしあまりにも先の事を考えなさすぎですし、経験理論がないのに思い切ったことをしすぎた観は否めないですしね。

サービスを考案しながら、一気に行うのではなく、徐々に試しながら少額から最初は始めて行く…そんなスタンスがいいでしょうね。

先のことをあまりに考えなさすぎてしまったがゆえに、主人公の大学生が抗議したときに頭に血が上り、暴挙に出てしまった。

その後、慰謝料を払い、あえなく閉店…実にもったいないと思わざるを得ないですね。

主人公の大学生いわく、美味いラーメンを提供するお店であっただけになおさら。


ramendeli.jpg


しかし、美味いだけでは経営はなりたちません。

それだけではだめなのです。

それを多くの人に食べてもらえて、しかも何度もリピートになって、しかも新規のお客さんも来てくれる工夫を施す、それが経営者としてのある理想ですね。

ただ美味いだけの飲食店は潰れるのは珍しくはないです。

それはその店主が経営者としての資質がないがゆえで、それではいずれ閉店を迎えてしまうことは明白です。

しかしもったいないですね、この店主さんは美味しいラーメンを作る技量がありながら、経営についての勉強が足りなく、しかも短絡的に怒ってしまったがゆえに、閉店をするはめになってしまったのですから。

やはり、経営とはいきあたりばったりの運営をするのではなく、先々の事も考えて計画をし、コンテンツを勉強で脳内に入れ、試行錯誤をしていくという行為を積み重ねないことにはうまく行かないのですから。

先のコンビニの例で言えば、もしも図々しいおばさんが大勢きてしまったら経営が成り立たなくなるのであれば、「お1人様1個限り、1度の来店だけでお願いします」とチラシに書き加えるという工夫が必要なのです。

経営者たるものそういう工夫や試行錯誤が大事なのです。

そんなことは面倒くさいと思う人は、経営者には向いていないのでしょうね。

この動画をみながら、そのあるべき経営者として地で行っていた『マネーの虎』に出演していた高橋がなり氏の著作を思い出してしまいました。

gahaGRP_0025.JPG
       高橋がなり


は、経営において想定外のことがよくあるのは日常茶飯のことであるようです。

その想定外のことが起こってもいいように幾パターンものやり方を準備しておく、ということです。


やはり経営は、それまでの道筋をアピールするのが最重要ではなく、結果を出すことが大事ということです。

ですから、経営者は言い訳をするのではなく、良き結果を出すことに最大限フォーカスして行動していくことが大事ですね。

そのことに共鳴できた方に読んでほしいのががなり氏の以下の本になります。

●以下よりどうぞ!
   ↓



wqeGRL_0005.JPG

おススメのネット本スーパー 『honto』です!

書籍や電子書籍を買うごとに、100円につき1ポイントが貯まります!

そのポイントは、また書籍や電子書籍を買うときに使えます。

更に会員になると、毎月10%あるいは20%の割引きのクーポンが送られます。

電子書籍なら30%offの場合も!

こんなサービスのいい本屋さんのサイトは知りません!
  ↓














ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント