佐伯啓思ほか 『これからの世界を考える人へ』

毎度のことながら、佐伯啓思氏の本は、ちょっと読むだけで集中していってしまいます。 私は大学時代に政治学のゼミに所属していましたが、その担当の先生曰く、「私は、学生時代から今まで何度丸山真男の本を読んできたかわからない。もうボロボロだもの!」といっていたのを思い出します。 佐伯氏の本は、私にとってそんな本になりそうな気…
コメント:0

続きを読むread more