宮田律 『イスラム世界と欧米の衝突』

yuka

今の日本においては、国際社会のことについて無関心でいても、普通に働けば普通に生活していけます。

daitokai.jpg

しかし、そうでいていいのでしょうか?

国際社会の動きについて、またイスラム社会のついての理解は、同じ人間の営みを探り、共存共栄していくことではやはり無関心ではいられないというのが正直なところです。

ニュースをいろんな媒体から日本で聞く、あるいは観ることはできますが、その内容はアメリカ寄り、欧米寄りであることは間違いありません。

そういった情報だけで、国際社会を理解した気になっていては平等ではないですね。

やはりこういったイスラムについてつまびらかに詳説した本を根気よく読んでいかないと。

湾岸戦争はイラクのクウェート侵攻がきっかけで起きた戦争ですが、日本や欧米では「貧困な大衆のことを考慮しないクウェート王政への懲罰」ということで侵攻したといわれていましたが果たしてそうでしょうか?

欧米では殆どの国が、反イラクでした。

しかしそれだけでなく、エジプト、シリア、サウジといった国も反イラクで、これに反発したのでした。

iraqsen.jpg

こういった事実だけをみても、果たしてどちらが正当なのかはわかりかねませんね。

やはりイラクの内実を示した本なりを読まないと。

イスラムとキリストの対立は、やはりそのイスラエルという土地にまつわるものなのです。

キリストは、古代ユダヤ国家のあった地理的境界はイスラエル国家の領土であるという主張に対し、イスラムはムハンマドが大使のガブリエルの導かれて昇天した場所というのが両者の対立になっているのです。

キリストがユダヤ国家のあった地理云々という立場であるのは、もともとキリスト教がユダヤ教から発したものだからというのが、そちらを支持するというのが一般的な言い分でしょう。

これを理解しないことには、イスラムとキリストを理解するのは難しいでしょう。

しかし、やはり多数派であるキリスト教国である欧米寄りに日本はならざるを得ないですね。

国交や貿易の数では圧倒的に欧米の方が、イスラム教国よりも多いですから。

しかし、それは正さないといけないですし、キリスト教国によるイスラムの圧政の歴史も知らなくてはいけないでしょう。

共産主義時代において、東ヨーロッパの中央アジア(タジク、ウズベクなど)への抑圧がかかれています。

アラビア文字をラテン文字やキリル文字に変えさせ、イスラム知識も抑圧したそうです。

しかし、ソ連の崩壊でイスラムの復興がなされ、アラビア語、コーラン、イスラム慣習や学校も復活したようです。

koran.JPG

その詳細については本書を読んでいただきましょう。

しかし共産主義の呪縛から逃れた後は、西洋の物品が大量に流れ込み、富める者とそうでないものとの2極化ができたようです。

それでは、社会正義と平等を基本とするイスラムの教えに反するため、80年代の後半において、タジクなどでイスラム復興の運動がおこったようです。

また、日本や西欧はイスラム国、アラブ国に対し依存している部分が多いのです。

いうまでもなく、石油ですね。

それに一番依存しているのは言うまでもなくアメリカですね。

meriken.JPG

イラン、イラクのペルシャ湾の石油に大きく依存しているのです。

しかしアメリカはこれらの国を長年封じ込めをしてきたのです。

アメリカ人は、1人平均で年に66バーレルを使うのです。

逆に中国人の場合は、年に3バーレルです。

のみならず英国も、それに似た対応をこの国にしてきたのです。

イギリス経営の石油輸送施設をイランから接収してきたのです。

イギリスイランを国際市場から排除したのです。

結果、イランの入超になったのです。

こんな理不尽ないわれはないでしょう。

イギリスの支配層とアメリカの支配層がグルになっているのは明白です。

53年にアメリカCIAに買収された貧困層によるクーデターがイランで起きました。

それによってモサデク政権が崩壊しました。

そして、国営イラン石油会社には、生産高や販売価格の決定できず、欧米が支配し続ける構造になってしまったのです。

そこでイランにおいて巻き返しが起こればいいのですが、実際はそうならず、首相のレザー.シャーは経済的な抵抗をせず、懐柔してしまったようです。

西洋モデルの社会改革に着手してしまったようです。

欧米に、大学生を大勢留学させ、テヘラン大学を作るも、法、医学、経済、工学とどれもイスラムの伝統的制度を希薄にしていったのです。

アメリカのイランの借款は53年に5900ドルだったのが、57年には5億ドルになったのだそうです。

その5億ドルの内訳は、軍需、電気、電信によるものだったようですが、軍需が40%を占めていたようです。

しかも賄賂によって。

大衆の生活上の問題と苦難の上に成り立ったものだったようですね。

311.jpg

ホメイニはこんな政治をおこなってきたレザーを批判したようです。

腐敗と抑圧の国王政治として。

しかし、イスラムの西洋の文物や憧れの流れは押しとどめようがなく、それによって都市への人口流出、富裕層と中下流の格差が拡大するという現象は見る目もなく進んだのは言うまでもないです。

その時、イスラムの理論家は、精神的成長と物質的改善は同時に行われるべきとして不平等をなくし、救貧税の重要性を説いたのでした。

これはザカートや喜捨で行われるべき性質のものです。

マウドゥーディ(印)、マンナン(パ)、チャプラ(パ)といった知識人たちはイスラム経済のあるべき姿を論じたようです。

そして、第二次大戦後、欧米によるイスラムのナショナリズムの抑圧は盛んになされました。

欧米寄りの独裁体制を支援し、軍事的優位を支援してきたのでした。

核兵器を欧米は持っているにも関わらず、イスラム諸国が所持するのは許さないとまるで駄々をこねるような言い回しをしてきたにも関わらず、日本はそういった欧米の言い分を支持してきました。

これはダブルスタンダードもいいところでしょう。

そういった事をなくすためにも、一方寄りでない、客観的なものの見方をしている著者の本を読んでいくことが重要でしょう。

しかし、そういった本はすくないですから、日々客観的に見ている知識人やインターネットで、そういう人の発信情報を常に接していかなくてはならないでしょう。

この本を読んでそんなことを考えてしまいました。

物事を広く見れるようにするための一助として、この本をお勧めします。


●この本は以下よりどうぞ!
  ↓



イスラム世界と欧米の衝突 (NHKブックス)

damedamL_0021.JPG

おススメのネット本スーパー 『honto』です!

書籍や電子書籍を買うごとに、100円につき1ポイントが貯まります!

そのポイントは、また書籍や電子書籍を買うときに使えます。

更に会員になると、毎月10%あるいは20%の割引きのクーポンが送られます。

電子書籍なら30%offの場合も!

こんなサービスのいい本屋さんのサイトは知りません!
  ↓













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック