テーマ:年功序列

堺屋太一 『世は自尊好縁』

この本は94年に書かれ、96年にでた本ですが、これまでの日本は、年功序列、終身雇用の社会でしたが、これから先は、それが崩れていくということですね。 当時も続く不況のさなかにおいて、それ以外の要因、例えば満足社会、少子高齢化、アジア社会の勃興といった理由によって、それが維持できなくなる、ということですね。 その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more