テーマ:貿易摩擦是正

堺屋太一 『千日の変革』

この本は、日本が膨大な貿易黒字積み上げていた当時、どのような対応をすべきか、ということを論じた本ですし、非常に今も示唆に富む理論が盛り込まれています。 全世界での輸出の5%を占める黒字を計上したのは、28年のアメリカと80年のサウジアラビアだけといいます。 その2つを上回る規模の記録を当時の日本はしていた、というから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more