テーマ:モラトリアム人間

小此木啓吾 『日本人の阿闍世コンプレックス』

この本が書かれた1982年前後においては、子供の問題児化があたかも母親の責任という感じでマスコミに報じられていたようです。 子供の登校拒否、家庭内暴力といったことが、ほとんどすべて母親のせいである、ということですね。 これは昨今ではまずないことですから、非常に興味深いですね。 ではなぜこのようなことになってしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小此木啓吾 『モラトリアム人間の心理構造』

この本を読むと、人間の心理というのは環境によって変わってくるということ、そして、そのことを踏まえたうえで、これから親になろうという人や既に親である人もこういった心理学について学び、そして子のしつけや自分に対する教育を施していかないとダメである、ということを認識した次第です。 この著者の小此木啓吾氏は、かねてより「モラトリア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小此木啓吾 『メンタルヘルスのすすめ』

この本の著者である小此木啓吾氏は、人間の心理が社会の変化につれてどういう変化をもたらすか、どのような人生を歩むとどういうように心理が変わるか、ということを毎回つまびらかに分析しています。 その分析内容が非常に説得的なので毎回集中して読んでしまいますし、新刊が出るたびにチェックしてしまいます。 この本は87年に書かれたものですが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小此木啓吾 『視界ゼロに生きる』

以下のサイトは、あらゆる本、食品、飲料、美容製品、家電製品、パソコン、ソフト製品、乗用車、バイクとあらゆる日常で必要な製品が網羅されているサイトです。 買ったもの値段の3%が還元されて、それがこのサイトのモノを買えます。 また、エステなどの美容サイトや居酒屋、バー、レストランなどあらゆる飲食店が通常の半額で利用できて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小此木啓吾 『シゾイド人間』

以下のサイトは、あらゆる本、食品、飲料、美容製品、家電製品、パソコン、ソフト製品、乗用車、バイクとあらゆる日常で必要な製品が網羅されているサイトです。 買ったもの値段の3%が還元されて、それがこのサイトのモノを買えます。 また、エステなどの美容サイトや居酒屋、バー、レストランなどあらゆる飲食店が通常の半額で利用できて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more