テーマ:第二次大戦

ルディカウスブルック 『西欧の植民地喪失と日本』

日本兵が第二次大戦中にオランダやその植民地である東インドにおいておこなった植民や戦争をしかけ、その途上でその地に人民に対しておこなった殴打、移送、家宅捜査といったことについての当時のオランダのジャーナリズムやジャーナリストの言についての反論である。 その内容については、私たち日本人がきちんと認識してこれからの国際社会の舞台…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more