テーマ:

大川隆法 『限りなく優しくあれ―愛の大河の中で』

今の世の中は、目に見えるものだけがすべてだ、というような唯物観に覆われています。 ゆえに神や仏の存在を否定するような風潮がまかり通っています。 そのような風潮を大川隆法氏は否定しているのです。 大川隆法 そのような風潮と戦っていくのが私たちの使命、と大川氏は言っています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐伯啓思 『西田幾多郎  無私の思想と日本人』

この本が発売になった時、私が大学時代、 「西田幾多郎が京都大学の教員だったころ、西田幾多郎の哲学を学ぶために京都大学を受験した人が戦前は大勢いた」ということをなんらかの本で読んで感銘を受け、私もこの人の本を読んでみようと思ったことを思い出してしまいました。 しかし、それからそのことはわすれ、好奇心の赴くままいろんな本を読ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大川隆法 『成功の法』

今回も、大川隆法氏の著作の紹介になります。 会社での成功、経営者としての成功を目指している人には必須の本でしょう! 人の上に立つ人間は、部下を愛せる人でなければいけないようです。 また、部下は上の人間を尊敬する、ということも必要であるようです。 この2つの要素がないとその組織での成…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

大川隆法 『仕事と愛』

この本は、宗教団体の幸福の科学の総裁である大川隆法氏の書いたものです。 幸福の科学が信奉する対象は、「地球神エルカンターレ」といってこれまで、ムハンマドや孔子、イエスキリストなどを地球に遣わした神のようです。 そのエルカンターレが今、大川隆法氏として地球に降り立ったというのです。 そのことを信じるかどうかはこの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more