テーマ:投資方法

ビジネスの組み合わせはどうすべきか?

ビジネスは、1本の柱だけに頼るのは危険です。 1つの柱からの収入が途絶えてしまったら、生活に困窮してしまいますからね。 そうではなく、いろんな柱をもって、複数の収入を得ることの方がビジネスの理に適っているのです。 その組み合わせですが、どのように組み合わせるべきか?が迷うところですが、その人の自由に決めるべきで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユダヤ人大富豪に学ぶ初期段階のお店の規模の大きさ

こんにちは。今回は前回の続きを話していきたいと思います。前回は、『マネーの虎』についての話しですが、今回もその関連です。その番組に、ある時、20代後半の志願者が出ました。その志願者さんは、パンをメインにした料理を出すエキセントリックなレストランを出したいということでした。その志願者の希望額は、なんと7000万円!…(笑)そのプレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

望ましい初期段階の投資発想とは?

こんにちは。今回は初期の投資金額について書いていきたいと思います。もう10年以上も前に、『マネーの虎』という番組がありました。その番組は、年商○億、何十億という会社の大物社長5人を前に、経営者志望の人が、自分が立ち上げたいビジネスの詳細を説明し、その喋りの中で、その志願者のビジネスの資質や実績等を訊き、大物社長たちが「この人に投…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シンプルに考える癖が災いをもたらす。

今回は、ビジネスや投資はもちろん、生活全般において注意が必要な教訓を話していきたいと思います。長期分散投資や投資信託の理論は簡単です。同じ行為をずっと続けていけば、必ず何倍ものリターンを得れる、というのが2者に共通のコンセプトです。しかし、それだけでは非常に危険で、その謳い文句にのって、株式市場から出ないでいた大勢の投資信託への…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

投資で本当に成功したかったら○○○をしろ?

今回は、投資の成功について書いていきたいと思います。投資信託に投資し続けて、投資信託会社にまかせきりにしていたのでは、損失になる、ということを話しました。株式市場は上がりもすれば下がりもしますし、70年に1度、大暴落がありますから、出ていくべき時は出ていなくてはならないのです。私は、金儲けに興味があって、ある長期分散投資について…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大暴落の時どうする?

こんにちは。また株式投資について話していきたいと思います。かの有名なロバートキヨサキさんは、株式にはそれほど拘泥していないようです。一生懸命に働いて金を稼ぎ、それをためる…これでは一気に多額の金を稼ぐことは出来ませんから、もっとレバレッジの効く、要するに働くよりも何倍もの金をゲットする方法の一環として、ロバートさんは株にも投資は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

株式投資は危険か?経験を積んで情報の質を上げていきましょう!

みなさん、こんにちは。今回も、株式投資について考えていきたいと思います。「株式投資は危険だ!」こういうことはよく言われます。しかし、それは本当なのでしょうか?2001年に日本の首相になった小泉純一郎氏は、それまでの森首相の緊縮財政を維持して、さらにそれを敢行しました。2003年には、日経平均株価が7600円にまで暴落してしまいま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

株式の短期トレードはするな?

こんにちは。今回も株式投資関連の話しをしていきたいと思います。木村剛さんの『投資戦略の発想法』においては、とにかく長期分散投資をしていくことによって着実に金持ちになることが出来る、ということを書いています。しかし、人類がこれまで経験してきた70年に1度必ず起こる株価大暴落に遭遇したどうしたらいいか?多くの人がこれまで買いためてき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

投資中に大暴落が起きたらどうしますか?

こんにちは。前回の続きについて書いていきたいと思います。木村剛さんの本以外にも、長期分散投資のメリットについて書いた本には、一貫して「いろんな銘柄の株を長期に分散投資していけば、必ず何倍ものリターンが得れる」ということを書いています。初めてこういったことを書いた本を読んだら、私の未来が、目の前が明るくなったのを覚えています。しか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長期投資に関して一言

こんにちは。今回は、どのように自分のビジネスを決定していくか?ということを話していきたいと思います。例は、株式投資で話しますが、その他のビジネスでも応用できる考えであると思いますので、読んでいただけたらと思います。ある、ビジネスマン向けの投資方法を書いた本に書いてあった文の要約ですが、そこには、「長期に、20前後の種類の違う銘柄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more