何故大学に行くかを心底考えて見るべしということを考えさせられた動画です。遠山啓『いかに生きいかに学ぶか』のススメ。

まずは以下の動画を読んでくださいませ。   ↓ このような友人たちを見ると、私の高校時代を思い出しますね。 進学校ではないので、多くの人が遊び呆けてました。 定期試験の合格点を高めにすると、多くの人が赤点になってしまうので、やはり多くの先生が甘めでした(笑) しかしそんな中、華さんはきちんと進学を決めて、そ…
コメント:0

続きを読むread more

長期的に考えれない人が人間関係も経営でも身を滅ぼす? 岩月謙司の『自分をにウソついて何になる』のススメ。

まずはこの動画をみてください。   ↓ このミカさんの姉は、ひとを貶したり、嫌がらせをしたりして自分の自尊心を保てるようですね。 このような自尊心の保ち方ですと、その貶したり嫌がらせをしたりした瞬間だけ保てるのですが、時間が立つとすぐに無くなりますから、また貶したり、嫌がらせをするのを繰り返すのですね。 …
コメント:0

続きを読むread more

短期的な成功が身を滅ぼす心理を知的武装しましょう!『誤解の心理学』のすすめ。

まず以下の動画を御覧ください。     ↓ 自分がダイエット法について研究してそれを実行したわけではなく、婚約者の彼がどのようなことをすればダイエットに有効かを調べて、そして食事なりエクササイズを手伝ってくれたことについて意識が行かずに、自分の力が一番有効であったと勘違いをしたゆえの最悪の結末であ…
コメント:0

続きを読むread more

河合隼雄 『コンプレックス』

これは、日本が誇る精神心理学の大家である河合隼雄氏の本です。 私も、大学時代にはこの氏の本にはかなり入れ込んで読んだ思い出があります。 そんな氏の本をここで紹介しないわけはないと思いここで紹介しました。 しかし、この本は初版が71年なのにいまだに入手可能なのはすごいですね。 コンプレックスとは、何やら劣等感の現れ…
コメント:0

続きを読むread more

サイコパスは教育によっては変えられない。サイコパスの生態を知っておきましょう!中野信子の『サイコパス』を読みましょ…

まずこの動画をみてくださいませ!   ↓ この現場監督は、まさにサイコパスですね。 サイコパスは、1種の精神状態を指す言葉で、いろんな特徴があります。 特徴と言っても、マイナス点しかないですが以下の性質があります。 学歴や地位で人を色眼鏡でみて、自分より高い人間には媚びへつらい、下のものは見下す。 …
コメント:0

続きを読むread more

子供の成功を見栄えに使おうとする親の心理とは?それで子供も親も幸せか?岩月謙司氏の本の紹介。

モニロボというYouTubeチャンネルは非常に興味深く観させてもらってます。 人間性を深く鑑みるのに非常に参考にもなりますし、人間性の勉強にもなります。 今回はこの動画をみてくださいませ。   ↓ この梓さんの両親は典型的な見栄えを気にする人のようですね。 自分に自尊心がないか、あっても殆…
コメント:0

続きを読むread more

入山聖基 『幸福な人生には原則があった』

この本は、キリスト教について漠然としてしか知識のない人にもわかりやすく誕生当初からの歴史が書かれていますから、非常に参考になるでしょう。 キリスト教以外にも、宗教全般について考えるに際し、非常に参考になる本だと思いました。 髪は存在するかどうか、その論争は非常に多岐にわたりいつまでも永遠に決着のつかない問題と思い…
コメント:0

続きを読むread more

エドマンド・S.フェルプス 『なぜ近代は繁栄したのか』

この本の著者であるエドマンド.S.フェルプス氏は、ノーベル経済学賞を受賞した学者のようです。 それに興味を持ったひとは読んで見るべきでしょう。 このひとの著作は、独自の分析脳をもって書かれているがゆえに、483ページもの大冊でも一気に読み進めてしまいます。 そういう論文の本でなくては、やはり読みたいとはあまり思いません…
コメント:0

続きを読むread more

メタ認知が経営者には最も必要? 『深い学びの科学』のススメ。

まずは以下の動画をご覧くださいませ。 ↓ この竜平さんは、自分が経験したことからしか、世間や世の中を判断することができない、いわゆるメタ認知のできない人の典型例ですね。 メタ認知とは、簡単に言えば自分が見聞したこと以外にも、その背景や知識や情報を自ら得て認知する能力というようにいえばいいでしょうか? …
コメント:0

続きを読むread more

ロバート.キヨサキ 『金持ち父さんの「これがフェイクだ!」』

この本で、この世の中は、全てフェイクに溢れている事が明らかになりました。 紙幣しかり、金融商品しかり、教育しかり、その他あらゆるモノがです。 金融商品とくにデリバティブは、儲かる商品ではありますが、そのかわり必ず手数料を取られ、暴落して価値が買ったときよりも大幅にダウンしても、その会社は一切責任をとる必要はなく、リスクは本人…
コメント:0

続きを読むread more

市井三郎 『歴史の進歩とはなにか』

歴史をどのように捉えるか? これはアカデミックな問いであり、そんなに取り立てて問題にすべきことではないのかもしれないですね。 このような問いかけの本は知的遊戯であり、観念的な遊戯であって万人が問うべきすじのものではないのかもしれないですね。 しかし、このような本は私自身大好きですし、そのような本を知的時間でコーヒーを嗜…
コメント:0

続きを読むread more

堺屋太一 『明日を診る』

日本が誇る経済ジャーナリストである堺屋太一氏の本です。 1999年の5月に出されたものです。 経済ジャーナリスト…こういった肩書きだけでなく、大幅な分野に渡る学問的な知識のみならず情報の多さに、毎回読みながら圧倒されます。 それでいて非常にわかりやすい筆致ゆえに、1日にどんどん読み進めてしまいます。 60年代や7…
コメント:0

続きを読むread more

社会に出ていくためにはサイコパスの生態学を知りましょう!

以下の動画を読んでくださいませ。   ↓ この繭子さんの旦那は、間違いなくサイコパスですね。 サイコパスは心理学用語ですが、そのパーソナリティは、自分の意見は無理やり通させる。 自分の誤りは絶対に認めない。 人は自分の言うとおりに行動しないと気が済まない。 人が傷ついてもお咎めなし。 人を学…
コメント:0

続きを読むread more

先延ばし癖は、金銭事情も人間関係も破綻する?

まず以下の動画を見てくださいませ。 ↓ この主人公の母は、先延ばしにする癖が全然治らなかったがゆえに人生が破綻した最たる例ですね。 育児を放棄して、自分のやりたいことだけを最優先にしていく。 しかし思ったのは、この母は、どうしてこのような女性になってしまったのでしょうか? この母の両親が、「私の…
コメント:0

続きを読むread more

零歳時の親や兄や姉の接吻や頬ずりが子供の将来を決める?ー岩原信九郎の『記憶力』のススメ。

まずはこの動画を見てくださいませ。 ↓ しかしこの菜乃ちゃんは可愛いですね。 自分にこのような妹がいたら、抱きしめたい衝動に駆られますね(笑)。 またこの主人公の男性も正義感が強く素晴らしいですね。 この主人公のどうしようもない母とその再婚相手が捕まって、よかった、こうなってしかるべし、というように胸を…
コメント:0

続きを読むread more

K.V.ウォルフレン 『世界が日本を認める日』

ウォルフレン氏の書く本はいつもながら、読み手に行動を促したり、ものの考えをいい意味で一変させる力をもっているし、変えなければならないと思わせるモラルをいやが応でも感じざるを得ない。    K.V.ウォルフレン そのような性質をもっていなければ、本を読む意味などないし、何百ページもの本など読むのは苦痛でしょう。 …
コメント:0

続きを読むread more

マハトマ.ガンディ 『真の独立への道 ヒンディスワラージ』

この著者は、非暴力独立の思想を広めたインドの思想家であるガンディです。    ガンディ インドがイギリスの植民からの独立を果たしたときの支えになったのです。 それはもう1世紀近くもまえの著書ですが、今も読んで非常に支えになる思想を展開していることを垣間見る事ができます。 現代の事象に通底する事をピックアッ…
コメント:0

続きを読むread more

なぜマウントをとってしまうのか?とらない人格にするにはどうすればいいか?

まずこの動画を見てくださいませ。 ↓ この男性は典型的な「自尊心」がない人ですね。 自尊心とは、そのままで何もしないでいてもじぶんに自信がある状態のことですね。 自尊心がない人は、どのようにして自信を得るかというと、人を貶したり、命令したりすることで自信を得ようとするのですね。 しかし、そのように…
コメント:0

続きを読むread more

西村貞二 『歴史から何を学ぶか』

歴史をなぜ学ぶ必要があるのか、そんなことを日本の歴史を小学校で学び始めた時に思ったことでした。 過去の過ぎ去ったことを今更学んでなんの意味があるのだろう、というようなことですね。 やはりそれは大学にいってからも続きました。 しかし、それはいろんな本を読んでいけば明確にわかると思っていた私はその手の本を読みそしてわかるこ…
コメント:0

続きを読むread more

マウントを取る人の心理を、加藤諦三の『「立派な人」を演じても心はむなしい』を読んで解明し、突破口を見出しましょう!

まず以下の動画を見てくださいませ。 ↓ このボスママが最終的に誰からも嫌われて相手にされなくなってしまい、引きこもりになってしまった。 それでいいのだ!みたいな感情を抱きがちですが、その気持はようくわかりますが、大人であれば、更に進んだ議論をしていきましょう。 このボスママは非常に貶すことに一生懸命で、し…
コメント:0

続きを読むread more