円満な夫婦生活の構築のためには経験を積むことと複眼的な思考法が必要?

●まず以下の動画を見てください。   ↓ この旦那の姉は、非常に問題な人であることは間違いないですが、そのことを非難して済む問題かどうかは疑問ですね。 自分の都合しか考えずに、遊びに来てご飯を無料で食べてお返しもなし、文句ばかりつける。 人にケチをつけるのがメインになっているところや、自分が離婚したら旦那とその嫁…
コメント:0

続きを読むread more

楽して生きよう、先々を考えずに生きていく人生観を矯正しましょう!=知的複眼思考法のススメ。

●まずこの動画を御覧くださいませ!   ↓ このクスミさんが、母を言いくるめて菜乃さん夫婦をでていかせるようにしたときに、私はかなり危惧をいだきましたが、あの家が正義夫婦の名義になっていたことを知り安堵の思いになりました。 菜乃さんが、クスミさんに対し「ザルな母さんとお姉ちゃん」といっていましたが、まさにザルですね。 …
コメント:0

続きを読むread more

宮田光雄 『非武装抵抗国民の思想』

この宮田光雄氏の『非武装抵抗国民の思想』は、71年という昔に初版で登場したにも関わらず、今だに新本で入手可能であるというから驚きです。 しかも未だに存命で、今年93歳になるかたです。 86歳になったときにも本をお出しになったから驚きです。 これほどまでに、出版を重ねてこられたのは、やはりこれまでの売上実績があったからで…
コメント:0

続きを読むread more

岡部達味編 『グレーターチャイナの政治変容』

この本は中国が経済発展という激動の岐路に立っていた95年に書かれた本です。 いろんな著者の見解を集めて章ごとに編集した本ですね。 序章は、岡部達味氏が務めています。 この方の書いた『国際政治の分析枠組』という本がありますし、その本は90年代の半ばに書かれて以来未だに、新本で入手可能ですからかなり評判が高いまま、今もその…
コメント:0

続きを読むread more

ハンス.ベルティング 『美術史の終焉?』

美術というとどうしても日本人一般にはおなじみの薄いものという印象は拭えないですね。 美術品や工芸品を趣味として集めている人もそんなに多くはない印象を受けますし、私自身、生活上でそういったものにお目にかかることが殆どないからですね。 大学の教養講義で『美術』というのがあり、履修はしませんでしたが、モグリで受けたことがありました…
コメント:0

続きを読むread more