円満な夫婦生活の構築のためには経験を積むことと複眼的な思考法が必要?

●まず以下の動画を見てください。
  ↓



この旦那の姉は、非常に問題な人であることは間違いないですが、そのことを非難して済む問題かどうかは疑問ですね。

自分の都合しか考えずに、遊びに来てご飯を無料で食べてお返しもなし、文句ばかりつける。

人にケチをつけるのがメインになっているところや、自分が離婚したら旦那とその嫁の家に転がり込んで何もしないで働かずに暮らそうする精神には参りますね。

果たして、これまでの生きてきた人生で苦労が足りないから、ということも理由でしょうが、それよりも人の心を慮る精神の欠如をみると、やはりこの人はサイコパスなのかなと思います。

サイコパスは、人を自分の思い通りに動かそうとし、そうならなければ気がすまない。

自分の欠点は決して認めない。

人を地位や学歴で色目をつかって判断する。

犯罪を犯しても気に留めない。


こんな精神を持っている人のことですが、こういった人は教育によって変わることは絶対にないのです。

これだけ教育が蔓延しても、やはり犯罪は古今東西なくならないのは、そのことが原因なのです。

taikutujouryu.jpg


そんな姉の異常さに旦那は気がつけばいいのですが、仲良くなることが大前提で、それはいいのですが、表面だけ取り繕うことしか考えていないゆえに、自分の嫁さんが姉によって困っていることを告げられても、その内容を理解しようとしない。

物事を奥深くまで探ろうという精神がないのですね。

自分のこれまでの人生経験だけで判断しようとする浅はかな精神ですね。

そんなようにならないように、本というものはあるのです。

その本を読むということが習慣づけられていないのが哀しいです。

やはり形式論だけで終わり、自分の姉が同居することをヒマリさんが嫌がってもそれを承諾しなければ、出ていけと言い放つようでは、夫婦間の健全なる構築は不可能です。

それにこれは、これまでそういった辛い経験を体感したことがないがゆえにこうなってしまうのでしょう。

そういう経験を積んでくれば、そんなことにはならないで真摯にヒマリさんのいうことに耳を傾けていたでしょう。

やはりいつになっても、経験を積むことは大事なのです。

形式論だけではなくて。

この旦那のお姉さんもそういった経験を積んでくれば、様相は変わったと思いますが、サイコパスではそれも無理な話でしょう。

kodokugunsyuu.JPG


また、この旦那さんは、ヒマリさんに逆行して、出ていけなどといっていますが、祖母から相続した家屋は、共有財産にならず、自分に所有する権利はない、ということも知っていれば、「出ていけ!」という短絡的なことも吐かずに円満になれた可能性も大ですね。

やはり日本では穏便に済まそうという気風が強いがゆえに、法律問題について自ら学ぼうとか、考えようという人が少ないのが現状ですね。

アメリカには100人1人の割合で弁護士がいますが、日本では10000人1人の割合であるところもそういったことを裏付けますね。

しかし、そういった法律論も大事ですが、最も大事なのは、この旦那がもっと人の心を慮る力があり、そういう苦労する経験を積んでくることだったのですね。

そして複眼的にものを考えるような精神もですね。

そういった深く広い視点を持つことは人間社会では大事ですね。

今回は、以下学びやすい法律論の本を紹介したいです。

●以下よりどうぞ!
  ↓



besutGRL_0074.JPG

おススメのネット本スーパー 『honto』です!

書籍や電子書籍を買うごとに、100円につき1ポイントが貯まります!

そのポイントは、また書籍や電子書籍を買うときに使えます。

更に会員になると、毎月10%あるいは20%の割引きのクーポンが送られます。

電子書籍なら30%offの場合も!

こんなサービスのいい本屋さんのサイトは知りません!
  ↓














ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント