宮田光雄 『非武装抵抗国民の思想』

この宮田光雄氏『非武装抵抗国民の思想』は、71年という昔に初版で登場したにも関わらず、今だに新本で入手可能であるというから驚きです。

しかも未だに存命で、今年93歳になるかたです。

86歳になったときにも本をお出しになったから驚きです。

これほどまでに、出版を重ねてこられたのは、やはりこれまでの売上実績があったからでしょう。

実績のないものは、やはり出版などしてはくれないのは自明のことです。

この本では、理路整然として論述の方法がいいですし、自論の展開の内容も読みやすいですし、自論を展開するに際していろんな本や資料を読んでいった上で、理論付けの際にえた情報や他の人の論を詳らかに無数にデータベース化していった軌跡がわかります。

そういった緻密な作業だけでなく、記憶力の方もかなりのものとわかります。

さすが東大出身であるなと思わざるを得なかったです。

このかたの『非武装抵抗国民の思想』は、私が大学在籍時に、国家は軍隊による武装をすべきか、しないべきかの結論としてどちらを選択するべきなのかを考えていたころにであったものですから、非常に興味深く読みました。

このかたは法学部の出身です。

そして法学者です。

nihonuniv.JPG

やはり法学を中心に学んできた人というのは、法律を遵守することの方にバイアスをかけがちです。

はじめに法が定められているとして、その法はこれまでカクカクシカジカの理由で、法律として成立した。

ゆえに、この法律は遵守すべきである、という理論を導き出しがちです。

日本の憲法9条も、やはり人類初の被爆国として日本はこれから先一切戦争をしてはいけない、という観念のもと、これを侵すような事があってはならない、という理論を導き出しがちです。

私はその理念はいいと思いますし、戦争の災禍の凄まじさは、それを描いた漫画や映画を見てかなり強く意識している自負があります。

しかしだからといって、軍隊を一切所持しないで、同盟国も一切持たないという理論には反対するのです。

確かに、その非武装中立を唱える学者や政党の理論を読むと、やはりそうらしく思えるのですが、逆に軍隊所持を支持する人の立場の本を読み、比較考量していくとどうも、後者のほうが現実的であると思うのですね。

確かに、それらを維持するには、莫大なお金がかかります。

訓練をすることで騒音になることもあります。

住民とのトラブルの原因にもなります。

公害の原因にもなります。


zieitai.JPG


しかし、それは、以下の文章をよむことで、誰もが押し黙ってしまうのではないかと思われます。

「人類は兵器の作り方を覚えてしまった。ゆえに、国家を非武装にしていずれの国とも同盟を結ばないというのは非現実的である。
そういう状態にしてしまったら、他国に侵略されてしまう。」
ということですね。

これは、高坂正堯岡部達味といった政治学者の現状分析ですが、こちらのほうが説得力がある気がします。

軍隊のマイナス部分については、試行錯誤しながら最良の道を探っていき、それを実行するために、常に情報を得て事善の策を施行していくということが大事でしょう。

先にこのかたの知的作業の詳らかさに驚いたことを書かいましたが、それでもいかに軍隊を持つことに反対するあまり自論を展開する際に、軍隊を持つことで起こったという実例のないまま「~であろうと考えられる」という結び方でことを書いているので、説得力に欠ける事もあったのは確かです。

観念的とうつっても仕方ないのも事実です。

第二次大戦後、日本は他国を侵略したことも、他国から侵略されたこともないです。

それは、そういった軍事的なことをすることで他国にとって利益になることではないからですし、単なる歴史的な教訓だけでそうなったわけではないかことは確かです。

そのことを認識せずに、『カミング.ウォー.ウィズ.ジャパン』という本を書いた著者は、これから日本との戦争は不可避であるということを書いていましたが、説得力が有りません。

それは、私の家を誰かに侵入されたくはないから、警備保障会社に監視カメラを設置して置くことを依頼しても、それで充分ではなく、しなかったことで害にあった人の経験談を元にカメラだけでなく、いろんな面での警戒を自分で怠ってはならないということはわかりますし、行動に移しています。

被害にあっていないので、それが観念的な行動ですし、具体的ではないですが、その経験談が役立つことは間違いないはずです。

そういった知恵をえるのに、やはり戦前の戦争の災禍について書かれた論文の本を読むことも、非現実的ではあるけれども非武装中立を支持する立場の人の書いた本を読むことも必要でしょう。

それによって部分的ではあるけれども支持する事はできる事は確かです。

それに共感できる人にはこの本を読んでもらいたいいです。

●この本は以下よりどうぞ。
  ↓



pipoGRP_0022.JPG

おススメのネット本スーパー 『honto』です!

書籍や電子書籍を買うごとに、100円につき1ポイントが貯まります!

そのポイントは、また書籍や電子書籍を買うときに使えます。

更に会員になると、毎月10%あるいは20%の割引きのクーポンが送られます。

電子書籍なら30%offの場合も!

こんなサービスのいい本屋さんのサイトは知りません!
  ↓














ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント