堺屋太一 『明日を診る』

日本が誇る経済ジャーナリストである堺屋太一氏の本です。 1999年の5月に出されたものです。 経済ジャーナリスト…こういった肩書きだけでなく、大幅な分野に渡る学問的な知識のみならず情報の多さに、毎回読みながら圧倒されます。 それでいて非常にわかりやすい筆致ゆえに、1日にどんどん読み進めてしまいます。 60年代や7…
コメント:0

続きを読むread more