ロバート.キヨサキ 『金持ち父さんの「これがフェイクだ!」』

この本で、この世の中は、全てフェイクに溢れている事が明らかになりました。 紙幣しかり、金融商品しかり、教育しかり、その他あらゆるモノがです。 金融商品とくにデリバティブは、儲かる商品ではありますが、そのかわり必ず手数料を取られ、暴落して価値が買ったときよりも大幅にダウンしても、その会社は一切責任をとる必要はなく、リスクは本人…
コメント:0

続きを読むread more

市井三郎 『歴史の進歩とはなにか』

歴史をどのように捉えるか? これはアカデミックな問いであり、そんなに取り立てて問題にすべきことではないのかもしれないですね。 このような問いかけの本は知的遊戯であり、観念的な遊戯であって万人が問うべきすじのものではないのかもしれないですね。 しかし、このような本は私自身大好きですし、そのような本を知的時間でコーヒーを嗜…
コメント:0

続きを読むread more

堺屋太一 『明日を診る』

日本が誇る経済ジャーナリストである堺屋太一氏の本です。 1999年の5月に出されたものです。 経済ジャーナリスト…こういった肩書きだけでなく、大幅な分野に渡る学問的な知識のみならず情報の多さに、毎回読みながら圧倒されます。 それでいて非常にわかりやすい筆致ゆえに、1日にどんどん読み進めてしまいます。 60年代や7…
コメント:0

続きを読むread more

社会に出ていくためにはサイコパスの生態学を知りましょう!

以下の動画を読んでくださいませ。   ↓ この繭子さんの旦那は、間違いなくサイコパスですね。 サイコパスは心理学用語ですが、そのパーソナリティは、自分の意見は無理やり通させる。 自分の誤りは絶対に認めない。 人は自分の言うとおりに行動しないと気が済まない。 人が傷ついてもお咎めなし。 人を学…
コメント:0

続きを読むread more

先延ばし癖は、金銭事情も人間関係も破綻する?

まず以下の動画を見てくださいませ。 ↓ この主人公の母は、先延ばしにする癖が全然治らなかったがゆえに人生が破綻した最たる例ですね。 育児を放棄して、自分のやりたいことだけを最優先にしていく。 しかし思ったのは、この母は、どうしてこのような女性になってしまったのでしょうか? この母の両親が、「私の…
コメント:0

続きを読むread more