長谷川慶太郎、中嶋嶺雄 『中国危機と日本―香港返還後を読む』

中国の経済発展の度合いがかまびすしく、今や世界第2位の地位を得たわけですが、そうなる前に、かなり中国に関しては危険視する学者がいたのを覚えています。 しかし、その世界2位という状態になっても、問題点を指摘する学者もいたのは事実です。 それらの内容を両方吟味してみると、その内容がかなり似ているということがわかってきました。 …
コメント:0

続きを読むread more