福島章 『天才』

悲愴交響曲などを聴くと、鳥肌がたちあまりの素晴らしさに寒気を催すことがある。 聖なる霊気の支配、人と神が混然一体になったような感じ。 そんなエピソードからこの本は入っていますが、そんな経験をしたことのある人は、この著者さんだけではないでしょうし、私もそのような経験はあります。 やはり音楽、特にオーケストラを聴いていると…
コメント:0

続きを読むread more