増田四郎 『大学でいかに学ぶか』

私はかねがね、大学入学とその前では、人生がいい意味でかわらなくてはならない、と思っていました。 何故なら、大学な学ぶ学問は、社会をよくするためのものであるし、それを学び行動に移すことで社会がよくなるからだ。 なのに、それを学んで生活が変わっていないのなら学ぶ意味はないというように思い、そして今でもその思いに違いはないです。 …
コメント:0

続きを読むread more