小此木啓吾 『モラトリアム人間の時代』

これは大学時代に私が読んで、センセーショナルを感じた本です。 たいていの本は、1回読んだらそれきりというのが当たり前ですが、それから何度も読んでしまうというパターンはそんなにないのですね。 本好きの人でもそういう人は10人もいないのではないでしょうか? そういうパターンの稀有な例です小此木氏は。 この人の…
コメント:0

続きを読むread more