伊佐山芳郎 『嫌煙権を考える』

この本は、弁護士のかたによって書かれた本ですが、いかにたばこが害があり、人の健康を害するか、そのために法律をどう変えていくか、矯正していくかといったことを趣旨にした本です。 どのような害があるかを以下列挙しますと、夫がたばこを吸う人は、吸わない人よりも3.4倍肺がんになりやすい。 たばこには窒素酸化物が含有されていますが…
コメント:0

続きを読むread more