カレルヴァンウォルフレン、大下英治 『この国はまだ大丈夫か?』

yuka.jpg

私が尊敬してやまないカレルヴァンウォルフレン大下英治の対談本です。

大下英治氏との対談であるので、話していく中で、互いの知らない事柄が触発し合いながら話が進められていくので、興味深く読み進めていくことが出来ます。

wolfren.jpg

ウォルフレン氏の、これまでにしてきた日本の官僚に関する指摘は以下です。

彼らは、この国の行き先を見通して、何をすべきかを思考し探索しそれを行動する能力が欠如しているということです。

これは、このカレルヴァンウォルフレン氏の著作を生まれて初めて読んだときに受けた衝撃として最初でしかも一番強烈な指摘でした。

科学や言論とは、そもそも何のためにあるのか?ということを考え、その答えがなんとなくわかりかけていた時に、まさに「社会をよくするために存在する」ということが確認できたからです。

日本の官僚は前例を敢行することにくんくんとしている。

要するに前例主義、現状維持主義であるということです。

その能力に関しては非常に長けている。

日本の官僚は優秀である、とすらウォルフレン氏は言っています。

しかし、それでは社会をよくすることは出来ません。

前例主義と言えば、この国の悪弊として、アメリカべったり、ということが一番よく思い出されます。

amerika.jpg

アメリカは世界一の借金国家です。

財政赤字貿易赤字ともにすさまじい額に上ります。

財政赤字だけでも日本円にして5000兆円に上るのが現実であるようです。

しかし、日本の大手新聞社はどこもそのことについて取り上げられません。

このことを知っていれば、アメリカの世界的な政策の裏についてよく分かっていきますが、それを大手が報道しないから、うまく操られていることがわからないのです。

官僚だけでなく大手新聞社もアメリカ寄りなのです。

手下なのです。


財政赤字であるならば、それを改善するためには、ハイパー金持ちたちから税金を多く取る。

貿易赤字を改善するためには、アメリカ製の製品を他の国に負けないだけの高品質のモノ作りをする。


こういったことの積み重ねをしていくしかありません。

しかしアメリカの為政者たちは、そういったことをせずに、マネーゲームに昂じて自分の懐を膨らますことしか考えていない。

日本に貢がせる、あるいはアメリカ国内で見せかけのバブルを起こして一時しのぎをしているだけなのです。

TPPの参加も、その一時しのぎの延命措置でしかないのです。

ですから、こんなものに参加してはいけないのです。

こんなアメリカべったりの政策に反旗を翻したのが、ほかならぬ小沢一郎氏なのです。

izawatowolfren.jpg

しかし、その小沢氏ですらも、でっち上げの事件で失脚させられてしまっています。

そこで活躍(?)したのが東京地検特捜部です。

日本の検察に目を着けられてしまったら98%という高確率で有罪にされてしまう世界でもまれな国なのです。

ということは、日本の官僚、大手メディア、検察でさえもアメリカの延命措置を講ずるための道具になってしまっているのです。

大手メディアで、アメリカの財政赤字、貿易赤字の額を報道しないとなれば「アメリカの借金は大したことないだろう!」と一般の人は思ってしまいます。

大手メディで、「小沢一郎は悪いやつ、悪党政治家だ!」と報道すれば、誰もがそう思ってしまいます。


しかし、こういった手法が近年になってそれほど効かなくなってしまっているのです。

一般国民が自分の頭を使って考えるようになった。

そして、インターネットの普及で、大手メディアが報道しない真実が垣間見ることが出来るようになった、
ということがあげれるでしょう。

昔は、社会のことを知るためには、ニュースを見て、新聞を読め、と言われたものですが、こういった日本の主要なメディアが真実の一部しか報道していないので、それがすべてではありません。

ニュースを見る、新聞を読む、という行為だけではだめなのです。
先のTPPにしろ、ニュースや新聞だけでなく、ネットやそれについて書いてある本を読む、という複数の行為をしなくては本質は見えてこないのです。

骨の折れることですが、日本の市民に求めるのはこういった行為なのです。

しかし、こういったことが出来るのは少数の人だけでしょう。

やはりやりたくない人はしない。

こういったことをしなくても今の日本では飢え死にすることなく普通に生活していけますし、そういったことをしたところで金になるわけではありませんから…。

しかし、そこであきらめてしまっていてはただの敗北主義でしかありません。

こういった市民的な行為をしてくれる人が多く出ることを私は望んでいます。

そして、社会生活の中で、どのような行動をすることがいいことなのかを考え行動してくれることが私にとっては嬉しいことです。

市民とは、この場合「社会をよくするために何をするのがいいか考え行動する人」ということです。

そんなことをこの本を読みながら考えてしまいました。

この本を読みたい人は以下からどうぞ!
  ↓



この国はまだ大丈夫か






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック