汗牛充棟.com

アクセスカウンタ

zoom RSS 浜名優美 『ブローデル「地中海」を読む』

<<   作成日時 : 2017/06/18 21:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

yuka

【PR】

みなさん、こんにちは。

これまでいろんなダイエット情報を提供してきましたが、これからも維持していきますのでどうぞ期待してくださいませ。

私は職業柄、女性としゃべる際にどうしてもこういったダイエットや美容に関する知識をもっていた方が、会話がスムーズに行きますので、そのためにいろんなそういったダイエットや美容に関する知識を学んできました。

いっぱしの人よりはあると思います(笑)。

本の紹介のみならず、これまで学んできて、いろいろと感じること、女性のビューティのアップに貢献できたらどうか、そういった知識をもっていた方がいいんじゃないか、また、本などにかかれていない理論などを抽出してきましたので、そういったこともこういった場で出して、それを読んだ人により良き生活を送ってもらえればなあと思い、このブログで書こうということになりました。

GRP_0888

ですので、そういったことを読みたいかたは是非とも期待していてくださいませ。

次回からどうぞ、よろしくお願いいたします。

では失礼いたします。






フェルナン.ブローデル『地中海』は歴史学会に非常に大きなセンセーションを巻き起こしました。

その意義について書かれた本は多くあります。

tidatyuukai.jpg

前に、その一環の書物として『海から見た歴史』という本を紹介しましたが、この『地中海入門』はさらに深く意義について詳説された本です。


学者はいろんな手法を使って研究を進めますが、ブローデルは他の研究者が使わない手法を使っているのですね。

手法のみならず、脳内にあるものをみる枠組みが他の研究者とは違うのですね。


それのみならず、その詳述する内容が説得力をもたらすためにやはりセンセーションを巻き起こすのだろうと思うのです。

ただユニークなだけではいけないのは言うまでもありません。

buroburo.jpg
フェルナン.ブローデル

ブローデルの意義は、地理の果たした役割の重要性を強調したところですね。


nitijousei.jpg

ブローデル曰くに、

「ほとんど、時間の枠を外し、歴史が無機的な事物の影響を受けていることを無視したくなかったし、このことに関しては、伝統的に多くの歴史書の冒頭に歴史への地理的導入としておかれているやり方だけでは済ましたくなかった。」


ということですね。

大勢に抗して、違うことをするのが難しいのは古今東西変わらぬ事実ですね。

そして勇気のいることですね。

まして長年それをやり続けるのは。

それを自分の信念を曲げずにやり続けるのはさらに大変です。

しかしブローデルは曲げずにやり遂げ、のちにセンセーションを巻き起こす書物しかも壮大な書物を遺したのですから立派というほかありません。

さらに歴史学を学ぶ学生はもちろん一般人の人にも心に留めておいてほしいのが以下のことです。

戦争という複座な領域では、経済、国家、社会、文明といった深層の力のすべてが、いかに働いているかを示そうと努めることで行われる。

しばしば、沈黙している大きな流れをあらかじめ定めておくことにより、危険な世界の呪詛や呪文を払いのけておくことができる。


これはブローデルの言葉ですが、歴史を学ぶ意味というのは、人間の過去の行動を学び、そのことを現代に活かす。

または、人間の歴史の失敗を繰り返さないために学ぶのです。


そのために、人間の行動の表層だけでなく、その人間の行動に駆り立てた要因は、いろんなものが様々に絡み合ってできたのです。

ですから、その当時の社会のいろんなことについて学ばなくてはいけないのは言うまでもありません。


ただ年表を覚えるだけではいけないのです。

そのことについて、ブローデルは、

「歴史学の任務の1つは、現在の様々な不安な問題に答えを出すこと。

かなり未熟ではあるけれども、きわめて帝国主義的な人間諸科学の連携を保つことである。」

と書いています。

歴史を本当に理解するためには、その周辺諸科学を学ばなくてはいけない、ということですね。

これは何も歴史学に限らず、他の諸科学でも事情は一緒ですが、自分の専門を持ちながら、周辺諸科学も学ばなくてはいけない、本当に修めることはできない、ということです。

これは大変に骨の折れる作業ですが、学者、教授として名をあげている人は、1つの専門に閉じこもることなくいろんなことに精通しているのは間違いないですね。

ブローデルが中心にしたのは、地理的なことであったために、その他の部分で少ないことが当時の歴史家によって批判されたことがあったようですが、全知全能の学者などいませんから、そこは目をつぶるべきだった、あるいは心の中で留保すべきだったのではないでしょうか?

ブローデルが明らかにした、イタリアやスペインでアイスやシャーベットの技術が発達した地理的要因、山がなぜ独自の文明をもつようになったかの地理的要因、なぜ岳や山地から人間の歴史が始まったか、トルコ人がなぜ小アジアやバルカン半島を征服できたかをその利用した機器からつまびらかに詳述しているところを読むと、非常に知的好奇心がわきます。

tyuusekiseyour.jpg

また、小麦とオリーブとワインの三位一体が今のイタリアでは古代から変わっていないという事実も読んで興味がわきました。

運搬技術の発達によって手紙の通信の速度の変遷や商業品目の変遷なども書かれていますがこれも興味深かったですね。

歴史家に課せられた使命は、歴史から学んだことを現代に生かすということでしょう。

単に歴史について書かれた本を読んで愉しみにふけるというのも結構でいいですが、それだけではいけないでしょう(苦笑)

歴史的意義を詳述しておもてにだすということですね。


人口過剰がしばしば社会変動を起こすことをブローデルも明らかにしたのです。

人口過剰なキリスト教世界から様々な技術をもった人々が一攫千金を求めイスラム世界へ出かけ、そこでキリスト教に改宗させるなどの摩擦を起こす。

それによって商業活動が盛んになり、それを担うブルジョア階級の社会的上昇を起こしたということです。

また人口過剰が山賊を生み出した要因だとしているのです。

こういった歴史的事実から、何を活かすか?

歴史家はもちろん、我々一般人が学び、人生に生かしていかなくてはならないのは言うまでもありません。


ブローデルの歴史に対する基本モラルとして、以下のように書いてあります。

「人間は人間を拘束する世紀単位の力に対しては、また、長期持続の経済的循環に対しては何もできないのだ。

緩やかな歴史のこうした様々な層に関連させてこそ歴史の全体性は下部構造をもとにして再考されうる。」

ということですね。

歴史的流れを動かしているものについて学び、それをつかむように努力をすることで、人間の歴史を学ぶことができるということでしょうか、私はそのように捉えました。

しかし、前にも書いたように、人間は全知全能ではありませんから、人間のおこした事象を一気に全部説明せよと言われてもできない話でしょう。

やはり分節しなくてはいけないでしょう。

そのアプローチの仕方、使った技法などはやはり他の歴史家とは違います。

そのユニークさに加え、物事を見る視点がやはり他の人たちとは違いながら、それでいて説得力があるからこそ、偉業が今も語られるのでしょう。


その内容について細かく接したい人はこの本をぜひとも読んでほしいです。

●この本は以下よりどうぞ!
  ↓


ブローデル『地中海』入門

resqueen.JPG

★その他関連本の紹介。

川勝平太『海から見た歴史』

http://hair-up3times.seesaa.net/article/450923585.html?1497784348

おススメのネット本スーパー 『honto』です!

書籍や電子書籍を買うごとに、100円につき1ポイントが貯まります!

そのポイントは、また書籍や電子書籍を買うときに使えます。

更に会員になると、毎月10%あるいは20%の割引きのクーポンが送られます。

電子書籍なら30%offの場合も!

こんなサービスのいい本屋さんのサイトは知りません!
  ↓
















【PR ダイエット情報】ストレスフリーでダイエットや美容に頑張りましょう!

こんにちは。

以前は、人の心を慮る能力が全くない旦那と再婚から1年半で離婚してしまった人について書きました。

そういう能力がない人に対して、人との心の交流が大事なんだよといっても効果などありません。 
であるからこそ、毅然とした態度で関わらないことです。 

心優しい女性は、「私がこの人を変えてあげなくては…」なんていう気分になって、その男を更生させようと努力します。

しかし、そんな努力が実ることはありません。

何故ならば、人の心に興味ない人を、興味あるようにしても無駄だからです。

貴女が三味線について興味ない人だとしましょう。

それを私が必死になって、三味線の良さについて力説しても興味あるようになりますか?

ならないですよね?

それと同じことなのです。

私は某食堂で働いたことがあります。

そこにもいます、人の心に興味のない人が。

その人は齢38らしいですが、僕が笑える話を振ったり、その人の事を褒めることをしても、その人が僕に楽しい話を振ったり、私を褒めてくれることは一切ありませんでした。 

それどころか、私には、私が仕事でへまをした時だけ、ケチをつけるのです。 

そんなこんなで、「この人は、人の心に興味のないひとだ!」と分かった私は、次の日から、その人に対して笑える話を振ることも、その人を褒めることもしません。

入勤時にも挨拶はしませんし、平然とスルーします。


それでも向こうは挨拶しないことについて何にもいってはきません。

人の心に興味のない人ですから。

こんな私の態度に反論が出るのは百も承知です。

しかし、理に適っているのではないですか?

反論したい人に質問です。

では、30代40代50代60代になっても友人がほとんどか、全然いなくても気にも留めていない人っていますよね?

その人の心を矯正させることってできるのですか?ということです。

そんなの不可能です!

ですから、そんな人には関わらないで、心に興味ある人とハッピーな時間をすごすことが大事なのです。 

syouzaiyou



また、そんな人の心に興味のない人と一緒に過ごすことも1つの勉強です。

しかも、そんな人と関わることで、心優しい人の好さを再確認することもできるのです。

そんな心に興味ない人とのかかわり方こそが、ストレスフリーになる重要事項なのです。

ストレスフリーになることは女性にとって重要なことです。


ストレスは、空腹になりやすいです。

常時空腹になってしまったら、ドカ食いの原因になります。

また、ストレスは肌荒れの原因にもなります。
 

ストレスはダイエットや美容の大敵なのです。

ですから、ストレスにならないように、人間関係を決めていくことは大事なことです。

その際、僕がここで書いたことについて賛同してくれるのであれば、大いにうれしいです。

今回はこれにて失礼いたします。


★おススメ商品!



○やさしくバストを包み込む! 寝ながら楽アップブラ L〜LL 
  ↓


寝ながらにして美胸をめざしませんか?

美胸はきれいな姿勢が基本!

寝ながらにして姿勢の矯正もしてくれますよ。

ムレないブラジャーで気持ちよく美胸を作ります。

・モバイル
  ↓

寝ながら楽アップブラ




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
浜名優美 『ブローデル「地中海」を読む』 汗牛充棟.com/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる