汗牛充棟.com

アクセスカウンタ

zoom RSS 加藤秀俊 『多文化共生のジレンマ』

<<   作成日時 : 2017/03/05 18:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

yuka


【PR】

ファスティングダイエットって、酵素液しか飲まないで可能なの?catface



 



という疑問がわくと思いますが、その疑問にお答えしましょう。



 



1つしか摂らないんでしょう?お腹すかないのかな?gawk



 



ということですが、その通りだと思います。



 



そこで思いおこされるのが、早食い選手権ですね!



 



あれでよくされるのが、日本そばやラーメンやカレーライスの早食い選手権です。



 



 img_20130120-210229.jpg  



 



あれに出場する選手があんなにも多く食べられるのは、同じものだからああやってずっと大量に食べられるのです。



 



空腹時に、ラーメンを食べていますと、さらにお腹がへって、脳から「もっと食べてくれ!lovely」という指令が出ます。



 



そこで選手たちはもっともっと食べるのが可能になるのです。



 



そうするとその結果、腸に小麦粉が沈殿し、脂肪を体内にため込んでしまう結果になるのです。bearing



 



こういった状態はダイエットの敵ですね?weep



 



しかし、麺などの炭水化物のほか、体の維持に必要なビタミン、ミネラル、食物繊維bananaを摂れば食欲中枢は満足され、それ以上食べようとはしなくなるのです。confident



 



ですからラーメンやそばの早食い選手権ではなく、多くの栄養素の種類を盛り込んだ「定食」の早食い選手権であれば、あんなにもたくさんの量は食べれないはずです。



 


img_20130120-210420.jpg

 



何故なら、体の維持に必要な多様な栄養素がたくさん入っていますから、それで食欲中枢は満足されて食欲がストップするからです!



 



もし「定食早食い選手権」などというものがあったなら、誰もたくさん食べれずに、番組が成り立たなくなることは必至です(笑)



 



その定食と同じ、いやそれ以上の多くの栄養素(天然素材、食物繊維)を含んでいる桃の酵素液は飲むだけで食欲中枢が満足される上に、脂肪の分解を促進してくれますから非常にダイエットにおススメなのです。happy02



 



●ですから、貴女には非常におススメです!heart02  



    ↓










私が大学時代に知っていまだ敬愛する学者である加藤秀俊さんが、国際化、グローバリゼーションとかまびすしく謳われている昨今において、その言葉の裏に潜む意義的なものをこの本の中で書いてくれています。


この本は講演の内容を本にしたものですが、やはり、加藤さんのビジョンの深さが見れる気がします。


われわれの身の回りのもの、例えば食品、衣料品、家具などのあらゆるものが、国内だけでは賄いきれるものではなく、すべて外国からの輸入に頼っている事例をすべて挙げてくれています。

逆に、諸外国も日本からの輸入に頼っていることも同時にです。


日本が、これから外国からの輸入、また諸外国への輸出に頼らずに生活していくことはできないということがよくわかりました。

外国に頼らずに生活していくことができたのは、江戸時代の鎖国をしていた時ですが、それでも、人口が3000万人であったからということも明らかにしています。

その時に、やはり諸外国との接触を否が応でもしないといけないのは自明なことですが、単なる「諸外国との接触は素晴らしい!」という言葉を唱えるだけではいけないことがこの本を読んでわかりました。


私たちの文化が必ずしも、諸外国では当たり前にはなっていないという事例を加藤さんは、諸外国で暮らしたことのある経験をつまびらかに紹介して、その事例をつまびらかにしています。

例えば、電車がきっちり定刻通りに出発するのは日本では当たり前ですが、そういう国は稀ということです。

「夕方に会議をする」と言われて、その会場に来るもその催しがなかなか出ないために、これはもう中止と思って帰ったら、夜の10時に始まり、呼び出されたというような経験談を書かれています。

私の高校時代の先生の欧州への旅行の体験談では、「切手をほしい」と店員に言ったら、「そんなものはない」と言われ、それらしきものが奥にあるので、「あれは切手じゃないのか?」と問うたら、「めんどくさい」という。

「私はどうしてもほしいんだ!」といったらしぶしぶ出してくれた、という経験談をしてくれました。

こういうことは日本ではまずありえないですね?

tityuukai.jpg

また違う文化の人との接触では、世界史を鑑みるに、多くの人命が落とされた事例も紹介してあります。

ローマ帝国、モンゴル帝国、インカ帝国その他諸々の事例において、その帝国の建設の際に、やはり多くの人命が落とされたということがわかりました。

また、他国の言語習得に際しては多大な苦労が伴いますが、同じ言語を話すアメリカとイギリスでも文化が違うので、その文化のまま相手に接するとトラブルにもなりかねないということもつまびらかにしています。

また英米では、同じものでも呼び名が違うので、そのままでは通用しない、ということも書いています。

これは目に鱗ですし、非常に興味深いことですね。


その同じ言語を話す英米の人たちがうまくやっていくためのコミュニケーション学も発達しているということです。

グローバリゼーションによって多くの国の人たちが、接触するようになる、それは非常に結構なことですけれども、その際には勉強しなくてはいけないことが多くあるということがわかりました。

そのことを強く教えてくれる本ですねこの本は。

単なるグローバリゼーション賞賛の本ではないのですね。


物事を多くの人たちとは違う視点がすぐに浮かび、その裏に潜む視点を掘り下げ、その意義内容について事細かに紹介してくれる。

その視点や内奥が非常に興味深くわかりやすく書いてあるので、一気に読み進めてしまうのですね私や加藤秀俊さんのファンは。

非常にわかりやすい。

なら自分にも書けるんじゃないか、と思われそうですが、いろんな書物、巷に言って得た情報をノートにしていった積み重ねがあって、こういった本を多くかけているのがわかります。

加藤さんの師である今は亡き梅棹忠夫さんとモラルが一緒で、本を読んでそれだけでよしとはせず、自分が実際に足を現地に運んで、そこで見聞した情報も取り入れて吟味して、論を展開していく、というスタンスですから、非常に説得的なのですね。

umehaumei.jpg
梅棹忠夫

そういう情報と吟味の積み重ねがあってようやく一冊の本ができるのですから、いかに普段の積み重ねが大事かはわかるでしょう?

本だけには固執しない加藤さんですが、それでも大変な読書家で、大学時代は、1日に1冊の読書を課した時もあったようです。

加藤さんの専攻は社会学ということになってますが、本人は興味関心の赴くままなんでも読みまくり、研究しまくる人ですから、その専門家顔負けの専門性を持っているのです。

梅棹忠夫氏『日本とは何か』という本で、経済学者顔負けの日本経済分析がなされている、ということをブログで紹介しましたが、それと同じ体験をこの加藤さんもしてくれることでしょう。

しかし本題に戻りますが、この本で加藤さんは非常に興味深いことを教えてくれます。

アメリカでは、世界中から移民がやってきて、英語をしゃべるのもろくにできないにもかかわらず、タクシーの運転手になったりして、そのおかげでそのタクシーに乗ったら、その運転手が道もろくにわからないのにもそういう職になっているから、あれこれ留まっては人に道を訊きながら運転をするので通常の倍かかったエピソード。

あるいは、貨物を乗せたトラックの後部に入って、検閲を逃れて先進国に入ってきて、そこで違法就労につく、というようなことです。

しかし私のみならず周りの人間でも、そういうことまでして自国を出て他の国にいって職に就き金銭を得ようなどと考えている人は皆無です。

これはひとえに日本が経済的に豊かだということが言えるでしょう。


恵まれた国に生まれて感謝したいしだいです。

しかし、日本はそういう豊かな国なのだから、経済大国として移民を多く受け入れていこうなどという安易な考えはやはりすぐにいうのは考えものであることがわかりました。


大学時代の私はそういう安易な考えになりがちでしたが(笑)

まず文化が他の国とは違うのです。

中国は、法律がほとんど整備されていないので、それを遵守しようなどという気風が全くないのです。

逆に法を犯しても自分が金銭を得るならば、自分が生きていくのならばどんなことをしてもかまわない、という文化になっているのです。

そのために、経済行為における規約等が履行されない、ゆえにうまく回らないなどということは中国では日常茶飯事のようです。

それのみか、犯罪が平然とおこなわれるのです。

また密入国斡旋業者の跋扈など日本で住んでいては想像もできないような、犯罪行為が平然と行われるのです。


その内容については、『蛇頭』『黒社会』といった本を読んでわかりました。

blacksociety.jpg

こういったことは何も中国だけでなく、いろんな国では数えきれないほどあるし、平然とできる人が大勢いるのがいろんな本や、この加藤さんの本で学ぶことができるのです。

ですから、国際社会だから、どの国も経済発展をしていきたいと考えているんだから、という理由で安易に移民を受け入れようなどと考えることは非常に危険ですし、日常的な文化が全く違うのですから、そういった国の人たちを安易に受け入れようということになると非常に多くの摩擦が生まれることがわかりました。


ではどうするか?

その内容については、非常に面白いことが書いてあります。

それはこの本を読んでいただくとしましょう。

でも私は非常にフレンドリーですから、国が違うからとて文化が違うからとて外国人をぞんざいに扱ったりはしないですし、日本人と同じように接していきたいと思います。

しかしあまりにフレンドリーに接しすぎて、自分のお金やクレカ等をあけっぴろげにしないようにしたいとは思います(笑)

これまでいろんな本を読んできて、いろんな巧妙な手口で犯罪をする外国人のルポ等を読んで知ってきましたから、心は防御しながらフレンドリーに接していきたいと思ってます。

外国人とこれからどうするかはその人その人の価値観によりますからどうするかは自由です。

でもフレンドリー過ぎて無防備にお金等を渡したり、クレジットカードを貸したりということは慎まないといけないです。

そして外国人とフレンドリーに接するのがいいからとて、むやみに移民をどんどん受け入れよう!ということも慎まないといけないのがわかりました。

こういった理論の構築に手助けをしてくれる作品としてこの本をおすすめしたいです。


●この本は以下よりどうぞ!



多文化共生のジレンマ (神田外語大学多文化共生シリーズ) (神田外国語大学多文化共生シリーズ)

juliannnatokyo.JPG


その他、加藤秀俊氏の本の紹介ページ

『メディアの発生』
http://hair-up3times.seesaa.net/article/391710904.html?1488702812

『明治メディア考』
http://hair-up3times.seesaa.net/article/383937062.html?seesaa_related=category

『人間関係』
http://hair-up3times.seesaa.net/article/384186281.html?1488702917

以下のサイトは、あらゆる本、食品、飲料、美容製品、家電製品、パソコン、ソフト製品、乗用車、バイクとあらゆる日常で必要な製品が網羅されているサイトです。

買ったもの値段の3%が還元されて、それがこのサイトのモノを買えます。

また、エステなどの美容サイト居酒屋、バー、レストランなどあらゆる飲食店が通常の半額で利用できて、それも最低2%以上の還元率でポイントとして貯まり、それがこのサイトのショッピングで使えます!

anryouri.jpg

例えば、あなたが会社の飲み会で、このサイトの飲食店を使い、2万円を飲食代で使い、そのうちの2%(=400円)が還元され、それがこのサイトのモノを買えるのです。

これほどの凄い還元率のサイトは知りません。


これほどの凄いサイトは前代未聞です。

このサイトを使わずに、これからの生活を送れますか?

使いたいなと思ったら、すぐに使いましょうね!








おススメのネット本スーパー 『honto』です!

書籍や電子書籍を買うごとに、100円につき1ポイントが貯まります!

そのポイントは、また書籍や電子書籍を買うときに使えます。

更に会員になると、毎月10%あるいは20%の割引きのクーポンが送られます。

電子書籍なら30%offの場合も!

こんなサービスのいい本屋さんのサイトは知りません!
  ↓

















【PR】「己を知る」が一番大事?



◆日本一売れているバストアップDVD 
いつでも、どこでも、片手間バストアップ!「2分26秒」の秘密!ボディスタイリスト大澤美樹『バストアップラボ』

  ↓










こんにちは。

このサイトに来ていただき感謝します。

早速ですがこういうゲームを想定してください!



100人の人が集まって1人50円を用意します。



そこで、2人づつ組んでジャンケンをして負けた方が相手に50円を渡し去ります。



そして、勝った人がまた別の人とジャンケンをし、負けた人が相手に所持金全部を渡し、去ります。



それを永遠に繰り返していくと、最後に残った人は50000万円を手にすることができます。



この50000円を手にした人が、「私が出来たジャンケンによる50000円ゲット法!」なんていう情報商材を出したりするのです。



この場合、この50000円をゲットした人は単に運がよかったにすぎません。



勝つための調査や対策など一切行っていませんから、全くの偶然といえます!



調査や対策をおこなったなら、それを読んだ人は充分参考になりますが、運だけでできたのを参考にするのは単なるギャンブルにすぎません。



ダイエットの商材でも、そういったモノがあるのでしょうか?



よくある可能性はあります。



もともと太りにくい体質で、しかもエクササイズをするとすぐに痩せてしまう体質の人が、エクササイズを何年も欠かしたために脚も太くなり、体重も上がってしまい、そこで昔のようにエクササイズをちょっとだけおこなったら、もとの体重に戻ったので、そのエピソードを冊子やEブックにして販売した。



しかし、それを読んだ人は、太りやすく、なかなか痩せにくい人だったしましょう。



それを読んで自分も短期で痩せれる、と意気込んで実行するものの、なかなか結果が出ない。


95




自分のほかに、その商材を買って読んで実行した人がいて、その人が短期で結果を出したのを聞いて、「自分はダイエットに向いてない人なんだあ…」と悲観に暮れてしまう。



そんな状態は充分想定できます。



しかし、そんな悲観に暮れる必要はありません。



そこはちゃんと割り切って、行動するしかありません!



なかなかダイエットで結果が出にくい人は、



「自分はダイエットに人一倍努力しないと結果が出ない体質なんだ」



と割り切って、人より時間を多めに取って行動するしかありません!



もの憶えが悪い人が、もの憶えの良い人と同じ時間だけ勉強して、勉強の結果が出せないとのと同じです。



もの憶えの悪い人は、良い人よりも時間を割かなければ、勉強の結果を出すことはできません。



美脚になるために、なああんにもしないのに美脚の人は、悔しい限りですが、実際に存在します(苦笑)

miseasi




しかし、その人と同じようになんにもしないで美脚になれるとおもえないのなら、割りきって、入浴後ジェルをつけるなどの努力は必要です。



また、商材や本に書いてあるマッサージをそこに書いてあるよりも入念にする。



あるいは、炭水化物の摂取量を更に少なくする、といった努力もやはり必要です。




やはり大事なのは、



「己自身を知る」



ということですね。



人と同じことをしてそれで達成できるなら、それで全然かまわないですが、それが叶わないのならば、やはり人より多くこなす、工夫を凝らすということは大事です。



僕は、やはり人よりもおつむの出来が悪いので、人が1回で覚えられるのを、2回3回やって初めてわかるようになるのですから…(笑)



でも、1回で出来ないならば、やはり2回3回しなくてはものにできませんから、やはりこなすしかありません(笑)



ダイエットにおいても、同様のことが言えますね?



そこは気兼ねせずに頑張っていくしかないようです。



頑張りましょう。



応援しています。


●今回紹介の商材をもう一度!
  ↓






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
加藤秀俊 『多文化共生のジレンマ』 汗牛充棟.com/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる