汗牛充棟.com

アクセスカウンタ

zoom RSS 黄昭堂、金美齢 『大中華主義はアジアを幸福にしない』

<<   作成日時 : 2016/09/18 12:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

yuka

以下のサイトは、あらゆる本、食品、飲料、美容製品、家電製品、パソコン、ソフト製品、乗用車、バイクとあらゆる日常で必要な製品が網羅されているサイトです。

買ったもの値段の3%が還元されて、それがこのサイトのモノを買えます。

また、エステなどの美容サイト居酒屋、バー、レストランなどあらゆる飲食店が通常の半額で利用できて、それも最低2%以上の還元率でポイントとして貯まり、それがこのサイトのショッピングで使えます!

anryouri.jpg

例えば、あなたが会社の飲み会で、このサイトの飲食店を使い、2万円を飲食代で使い、そのうちの2%(=400円)が還元され、それがこのサイトのモノを買えるのです。

これほどの凄い還元率のサイトは知りません。


これほどの凄いサイトは前代未聞です。

このサイトを使わずに、これからの生活を送れますか?

使いたいなと思ったら、すぐに使いましょうね!





この過激なタイトルはなぜつけられたのかな、という素朴な疑問がわいてきたのと、大学で中国社会主義の停滞ぶりについて知っていて興味がわいてこの本を買って読みました。

黄昭堂金美齢の2人による対談形式の本です。

しかし金美齢さんは女性なのにすごい知識欲だなあという感嘆な思いにとらわれました。

男性と女性どちらが知識欲と合理的思考法が得意か?

言うまでもないですが男性です。

大学の教授の数を見ればわかるように、そういうものは男性のほうが圧倒的に得手なのですね。

しかし、金美齢さんは男性顔負けの知識欲と合理的精神を持っていて圧倒されます(笑)。

やはり、この本やその他いろんな本をとって読んでわかるのは、社会主義の壮大な試みは失敗に終わってしまった、ということですね。


マルクスが描いた桃源郷は実際の社会では実現は非常にむつかしいということで、かつ不可能ということがわかると思います。


vomunizm.JPG

第二次大戦後、中国は社会主義を選択しましたが、その国家主席である毛沢東は、1957年に反乱分子を44万人殺した、ということです。


しかも、20年何千万人も殺したということです。


同じく社会主義を選択したソ連スターリンの在政中に、追放、処刑、餓死で1400万人も犠牲者が出た、ということですね。

マルクスの思想が分かった政治に携わる人に権力を集中させることによって、賢人政治を行い、それで世の桃源郷を実現する、という試みをしたようですが、それが実際はあやになって理念から逆の政治が公然と行われてしまった、ということですね。

のみならず、「ノルマさえ達成すればいい」というのが基本になっている経済システムも当初はうまくいっていた面もありましたが、もの全般が国民にいきわたるようになっては、「より良いものをより安く」という技術革新が必要になってきますが、それを怠ってしまったことで、西側資本主義に後れを取っていくことになったのです。

中国も例外ではありませんでした。

そこで、西洋から諸本と技術と専門知識を入れようということで登場したのが、ケ小平だったのです。

tousouhei.JPG
ケ小平

ケ小平は、沿海地帯に経済特区を作り、輸出むけの労働集約型産業育成をしたのです。

そして、深圳350万人が生活し、中国外貨の4分の3を稼ぎ、300億ドルの工業生産を達成するのです。

また上海の勃興ぶりを示して、ケ小平上海は全国の龍の頭である”とまで言うのです。

そして1996年には江沢民が主席になります。

koutakumin.JPG
江沢民

そのとき、江沢民「私は社会主義の理想と道徳を守っている。規制に従わない新聞や出版社は閉鎖させる!」と言い、精神文明建設を進めるのです。

中国の指導者はいずれも軍人出身なのです。


八路軍は中国軍の源泉です。

八路軍の三個師団のうち1つを林彪が握っていたのです。

このように中国共産党が支配する資本主義国家に当時からなっていたのです。


そのことで、アメリカの軍産複合体に倣って軍商複合体と揶揄した評論家もいました。

1989年天安門事件以降、愛国教育が盛んになったといいます。

tennamontencho.jpg

抗日の宣伝も盛んになったのです。


日本鬼子として、戦前のことむし返していくつもの記念館や博物館を建てたのです。

そして失地回復として、尖閣列島問題を浮上させるのです。


この本の半分以降では、台湾の歴史事情も暴露されています。

中国において国共内戦で国民党が破れて、国民党台湾に逃れて国を支配します。

その党首であった蒋介石45年、電力、石油、鉄鋼、造船、製造業のすべてを国営、党営企業にしたというのです。

syoukaisekiryo.JPG
蒋介石

その際に上海企業家たちを手厚く保護したのです。

その代表が、華隆グループ、遠東紡織グループです。

この時期の経済の発展期に海陸一貫輸送の会社を興した張栄発台湾一の運輸会社にまで仕立て上げるのです。

張栄発バンコク、ペナン、クラルンプール、ロサンジェルス、ニューヨークにホテルまで作るのです。

またパソコンの会社で有名なエイサー社施振栄が作りました。

このエイサー社世界の1割以上のパソコンを製造しているのです。

そして世界5位の生産量を誇るのです。

こういった明るいニュースの裏で統治者たちの部分は決して明るくなかったのは明らかです。

蒋介石の子の蒋経国は秘密警察組織を統括していたようです。

1979年に、美麗島高雄事件が起こり、台湾人が高雄市にデモを起こした際に、蒋経国の子は人殺しを多くおこなった記録があるのです。

また、シンガポールリークアンユーも大陸出身の元首でしたが、この人の際にも政権党である人民行動党や中央政府に大きな特権を付与していたようですね。

美麗島高雄事件以降、アメリカから民主化要求をされてから、台湾は野党の存在と言論の自由を認めるようになったといいます。


しかし党、政、軍、将はいずれも大陸人がほぼ握っていることは間違いありません。

また、「大中華主義はアジアを幸福にしない」というのは、社会主義国は国家主席の交代によって、国内政治はもちろん、周辺国の政治も大きく変動してしまい、社会変動を余儀なくされてしまう、ということもその理由として挙げれると思います。

それだけでなく、それによって難民も多く出してしまうのです。

情報を発信するにしても民主的な手続きを踏んでなされていないので、党首の気まぐれや恣意的な感情でなされてしまうので、社会も大きく揺れるのです。

いきなり主席が「南沙諸島は中国のものだ!」といえばまた大きく社会が変動し、反日教育をすると主席が言えばそのような雰囲気にいきなり包まれてしまう。

また、この本からも分かるように、日本にいては、中国の正確な情報がわからないということが言えると思います。


中央が、情報源を握り自由に配信していないことから、また報道の自由を認めていないことから、中国国民もまた諸外国の人も中国の内情を正確に知ることができないのです。


これでは民主主義を満たすことはでいないのは言うまでもないでしょう。

また国共内戦で敗れた国民党台湾にいって資本主義を採用し国家運営をするも、そこで統治に携わる人間は中国大陸の人間ばかりでしたので、大陸の考えの系統を引きずり、大きな権力を手中に収めて行政をしていったことは明らかです。


確かに戦後、台湾は資本主義を選択したことで大きな発展を中国に比べて順調にしていったことは明らかで、その恩恵を日本も受けていることは間違いありません。

台湾料理で至福の瞬間を過ごせましたし、私の今使っているパソコンも台湾製で、5年以上使っても全然故障がないから非常に助かってます。

前のパソコンはアメリカ製でしたが、1年もしないうちに故障してしまい参りました(笑)。

しかし、しかし蒋介石、経国父子の独裁によって殺されたり弾圧されたりした人のことは忘れてはなりませんし、そういったことは民主主義の理に適っているとは言えませんね。


それをどうしていくかということは非常に問題にしなくてはいけないのです。

ゆえに、「大中華主義はアジアを幸福にしない」という言葉が当てはまりますね。

中国は周知のように経済発展を見せ、世界第二位の経済的地位を手に入れました。

80年には対米輸出が10億ドルだったのに、95年には400億ドルにもなっていました。

この本が出された当時からその兆候は表れていたのです。

そういった経済発展も、共産党一党独裁の国がすると領土紛争や核拡散、武器輸出の脅威に映るのです。


しかも民主化が充分になされていないということも手伝って。

今や世界第二位の経済的地位を手に入れた中国、また戦後から順調な発展を見せていた台湾、いずれも光る面はありますが、内情をつぶさに見ていくと、改善点は多くあることは間違いないでしょう。

いずれも「大中華主義」という面がキーワードになっているように感じます。

それを緊張感を途絶えずに見ていこうと思います。

その理解の手助けになる本であると確信しました。


●この本は以下よりどうぞ!
  ↓


大中華主義はアジアを幸福にしない

iiedane.JPG

その他参考図書の紹介ページ
『スターリンのジェノサイド』
http://hair-up3times.seesaa.net/article/384169055.html?1474167129

おススメのネット本スーパー 『honto』です!

書籍や電子書籍を買うごとに、100円につき1ポイントが貯まります!

そのポイントは、また書籍や電子書籍を買うときに使えます。

更に会員になると、毎月10%あるいは20%の割引きのクーポンが送られます。

電子書籍なら30%offの場合も!

こんなサービスのいい本屋さんのサイトは知りません!
  ↓













リンク http://blog.livedoor.jp/hammerdc/

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
黄昭堂、金美齢 『大中華主義はアジアを幸福にしない』 汗牛充棟.com/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる